子育て講座「乳幼児のケガの処置と心肺蘇生」を開催しました 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2020-07-31 09:00 UP!

DVDを見ながら事故予防について学びました!

どんな事故が身近にあるのか・・
体験したことも出し合いました。

消防の方たちに、AEDの実技を見せていただきました!
思ったより簡単で、命を救うことができる、いざという時の強い味方です!!

レポート

【主催】

ファミリー・サポート・センター

 【協力】

子育て支援センター

 

 

  子育て講座

  

     「乳幼児のケガの処置と心肺蘇生」(AED見学) 

            講師:柏原羽曳野藤井寺消防組合

 

7月22日(水)

「子育て支援センターふるいち、「乳幼児のケガの処置と心肺蘇生」

 

 

 最初にDVDを見ながら消防士さんのお話を聞いて、事故予防について学びました

 

乳幼児の死因の原因である乳幼児突然死症候群(SI DS)、外傷(交通事故・やけど・転倒、転落・溺水、溺死)、窒息(喉詰め・誤飲)・・・など、起こり得ることや防止策などのお話を聞きました

 

その後、参加者が実際に体験したお話を聞かせてもらったり、映し出された絵を見ながら、起こり得るケガや事故の状況を「どこが危険か?」「どうしたら防げるのか?」など、皆で考え意見を出しあいました

 

思いもよらない体験談もあり、驚くとともに、ほんの些細なことが子どもにとっては事故要因になるんだな・・・と改めて認識しました。

皆さんのいろいろな意見や、消防士さんのお話もとても参考になりました

 

AED実技は、コロナウイルス感染防止のため消防士さんに実践してもらい、迫力ある姿を見学させていただきました

AEDは、誰もが簡単に扱えて命を救うことができる、身近な手段と再確認できました。突然の事態にも慌てることなく、周囲の人たちと協力し合えたらいいですね

 

 ちょっとした知識や注意で防げることが多い乳幼児の事故・・・起こり得ることや対策を知り、活かしていただけたら、と思います

 

  参加者の感想

・自分では予測できない事故の例を知ることができて、とても参考になりました。

・具体例とともにお話していただけたので、分かりやすかったです。自分では思いつかないような注意点もあったので、さっそく自宅を改善したいと思います。

・子どもが大きくなるにつれ、どんなことに気を付けたらよいのか先に知ることができて、大変良かったです。

 

 

一覧へ