年齢別親子教室・ふるいち講座、子育てを楽しむ「いやいや期」のお話 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2020-07-27 09:00 UP!

子育てで嬉しいと思うこと・イライラすることを書き出しました。

ちょっとアイスブレイク!
わいわい楽しくグループ分け!!

嬉しいこと、再確認できました!
イライラしたことはここにおいて帰りましょう(^_-)-☆

ふるいちレポート

 

年齢別親子教室(ふるいち講座)

「子育てを楽しむ」

『いやいや期』のお話

 講師:山本 典子氏(心理相談員) 

 

7月16日(木)10:00~11:30に山本典子先生による『いやいや期』のお話を開催しました

 

お父さん・お母さんは2階の部屋で講座。子ども達は1階の保育室であそびましたよ。

2階では集まった方から、子育てする中で「うれしいと思うこと」「イライラすること」の2つを紙に書き込んでもらい、見える場所に貼っていきました

 

みんなが揃ったところで、山本先生の講座の始まりです

 

まずは、お父さん・お母さん達に、呼んでほしいニックネームを書いて名札として貼ってもらいました。自分の名前とは全く違ったニックネームを書いて、笑い声があがったり和やかな雰囲気

 

場の空気が和んだところで山本先生のお話です

子どもの発達に沿って、「子どもは自ら育つところがたくさんある。親の思い通りにならなくて当たり前!」「親も子も唯一無二の存在。」「イヤイヤ!は私が主人公!の主張をしている。」などのお話で、子育て中のお父さん・お母さんにとっては気持ちが楽になり、元気付けられる内容でした

 

途中、アイスブレイク(犬派か猫派か?和食か洋食か?、寝るのは布団かベッドか?)を入れて、共通の答えのお父さん・お母さん達で4グループを作って、グループワークをしました

 

グループでイライラすることや悩んでいることなどをどんどん出してもらうと…同じような年齢の子どもがいるのでとても話がはずんで、盛り上がっていました

お父さんの参加もあり、違った視点からの悩みを聞かせていただくこともできました

 

そのあと、各グループでどんな話の内容だったのか発表してもらうと、いろんな話題が出て「一緒~!」「わかる~!」などの声が聞かれ、終始和やかな雰囲気でした 

「同じような悩みを話せてよかった」「気持ちが楽になりました」とお母さん達がホッとして帰ってもらえたので、本当によかったです

    

 おうちの方の感想を一部紹介します

・考え方次第で子育てはもっと楽しめるんだと思ったし、もっと楽しみたいと思った。

・同じ悩みのお母さんと色々話ができてストレス発散できました。

・生まれた時の瞬間を思い出し、我が子を愛しく思った。

・親も子どもも個人であって唯一無二の存在だと改めて気づかされた。親の思い通りにならなくて当たり前なんだなぁと。

 

一覧へ