レポート(^^)/ 子育て講座『子どもの栄養と食事』☆むかいの☆ 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2021-10-12 12:31 UP!

講座の様子( ..)φメモメモ

 

  むかいのレポート 

 

 子育て講座 『子どもの栄養と食事』

 

 9月30日(木)、羽曳野市こども課 川﨑 管理栄養士による、子育て講座 『子どもの栄養と食事』を青少年児童センターで開催しました。

 

 今回は、5か月の赤ちゃんから3歳児のお母さんたちの参加です。

 まずは、初めて固形の食べ物を食べる練習食である【離乳食】の大切さや、赤ちゃんのお口の中の発達を詳しく教えていただきました。

 

 母乳やミルクだけを飲んでいた時期から、離乳食を舌で前から後ろへ送り飲み込む【ゴックン期】口を閉じて飲み込む【モグモグ期】から、手づかみ食べをし始める【カミカミ期】自分で食べる準備をしていく【パクパク期】など・・・赤ちゃんの様子をしっかり見ながら進めていくことが大切。

  また、手づかみ食べは、発育・発達に必要で、手の感覚を学び、スプーンやフォークが使えるようになり、大人との関わりによって、自分で食べる楽しさや、一緒に食べる楽しさを体験していくことで食べる力が育ち【幼児食】へと移行していくと言われました。

 

 規則的な食事で生活リズムを整えて、子どもと一緒に家族の健康づくりをしましょう(^^♪と締めくくられました。

 

     参加者の感想

・貴重なお話をしてくださりありがとうございました。家で与えている食事について見直すきっかけになりました。

・ 食べることが大好きで、すごく早食いなのが悩みなのですが、よくかんでくれるように 1 品だ
けの食事ではなく、 色々な食感が味わえるように気をつけていきたいと思いました。
・ 分かりやすく、聞きやすかったです。
・ 普段から、少し疑問に思っていたことや、今は不安に思ってないけど知識として知っていたい
事を聞けて良かったです。補足説明が詳しくてとても勉強になりま した。
・ 改めて、食事内容について考える良い機会になった。おやつもスナック菓子をあげてしまうこ
とも多かったので、見直そうと思った。悩んでいたことも質問できてよかっ た。
・ 離乳食期にもっとこうしておけばよかったと思うことばかりでした。これからできることをし
ようと思います。あとあまり食事中に叱らないようにします。

 

 

朝早くから教室参加のための準備...お疲れさまでした。

一覧へ