• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  子育てを学ぶ(教室と講座)

☆レポート☆ふるいち講座歯っぴーきっず 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2022-11-30 12:41 UP!

歯っぴーきっず

11月25日(金)

 

歯科衛生士の尾川先生をお迎えして「歯っぴーきっず」を開催しました。

パワーポイントを使ってわかりやすくお話していただきました。

お子さんと一緒の講座でしたがみなさんとても真剣!

 

「上下2本ずつ歯が生えたら、歯磨きスタート」

「歯ブラシは力を入れず鉛筆もちで」

「ピカピカの歯が白く見えたら汚れや虫歯初期」

「指吸やおしゃぶりは歯並びが悪くなるので早めにやめましょう」

「食べたり飲んだりするたびに歯磨きした方がいいですよ」

「歯磨き粉は米粒1つくらい」

「しっかり噛める口にしよう(理想はりんご丸かぶり)」

「仕上げ磨き用の歯ブラシを準備しよう」

「仕上げ磨きは大人の膝に寝転ばせて」

小学校3,4年生くらいまでは仕上げ磨きが必要!」

「歯磨きはこうするものだと、最初から習慣つける」

 

などなど、普段気になっていることなども含めて

大切なことを教えていただきました。

 

☆アンケートより☆

・一生付き合っていくことなのでお話を聞けて、今後気を付けることなどわかってよかった

・わかりやすい内容で勉強になった

・よくわからないまま歯磨きをしていたので、すごく勉強になった

・歯医者さんに予防でいってみようと思う

むかいのレポート「子どもの栄養と食事」について 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2022-11-02 13:04 UP!

レポート

講座「子どもの栄養と食事」

 

羽曳野市の管理栄養士さんをお招きし、

離乳食の進め方を聞かせてもらったり、

お母さん方の悩みについて

答えて頂くなどしました。

 

子どもに一生懸命食べさせようと、

お母さんの食事を後回しにして

子どもが一人で食べている状態になるよりも、

出来るだけ一緒に楽しく食べてあげる方が、

よく食べてくれるようになったり、

お箸やスプーンに興味をもって

使おうとしたりする気持ちの

芽生えになるんだよ・・という趣旨の

お話を聞き、「確かに」と思いました。

この記事をお読みの皆さんも是非、

美味しそうに食べる姿を見せてあげながら

お食事を進めてみて下さいね

 

(食事の際は毎回、必死になりますよね。

毎日じゃなくても、出来る時に是非)

 

その他・・・

便秘気味のお子さんで、

あまり水分を取らないような時は

食事の際、汁物を用意したり、

オイルを使った料理も排便を促しますよ!

 

食事があまり進まない場合は、

お腹が空いていないのかもしれないので、

もう少し食事の間隔をあけて

〝お腹の空く状態”を作るようにしても

いいかもしれませんね。

 

等、いろいろ質問に答えて頂きながら

アドバイスを受けました。

 

 

参加者の声

 

「市の離乳食講習会にも参加しましたが

更に深く進め方を知ることが出来てよかったです。」

「他のママさん達の話を聞いて〝確かに”と思う所が

沢山あって、共有出来てよかったです。」

「なかなか食べなくて悩んでいましたが、

アドバイス頂いた事を今日から実践して、

様子を見たいと思います。」

 

子どもの健康と元気の源となる食事!!

気になることや、悩みは尽きませんが、

親子で、家族で・・。楽しい時間になればいいですね。

 

 

 

 

レポート☆ふるいち講座☆「子どもに起こりやすい事故の予防と応急手当」 【子育てを学ぶ(教室と講座)】 2022-10-24 14:44 UP!

ふるいち講座

「子どもに起こりやすい事故の予防と応急手当」

講師・・・柏原羽曳野藤井寺消防本部

10月21日(金)

 

柏羽藤消防本部の救急隊の方に来ていただきました。

DVDで不慮の事故の事例を視聴したり、年齢別死因順位の具体的なお話を聞きました。

不慮の事故はいつ起こるかわかりませんが、防いだり減らすことはできます!

・SIDSは、うつぶせ寝をさせない、たばこの煙から離れる(妊娠中も)

・自動車事故は、チャイルドシートをつけるのはもちろんですが、

 適切に装着できているかが重要

・自転車事故はヘルメットをつけることで、頭部外傷から守れる

・溺水の多くは浴室であり、目を離さない

・誤飲は、子どもの手の届くところに危険なもの、小さなものを置かない   など

 

質問では、喉を詰まらせたときにどうすればいいのかや、どんな時に受診したり救急車を呼べばいいのかなどがあり、救急隊の方が丁寧に答えてくださったので、みなさん真剣に聞いておられました。

 

柏羽藤消防本部より、応急手当講習テキストをいただきセンターにおいておりますので、ご自由にお持ち帰りくださいね。  子どもたちが無事に育っていきますように・・・

 

☆アンケートより☆

・子どもの事故についてお話が聞けてためになった

・他のママさんの実体験が聞けてよかった

・窒息ややけどをした時の応急処置がわかって、今後落ち着いて対応できるかなと思う

・気のゆるみが後悔につながることを改めて実感した   などなど