こちらのページでは保育園

 

児童手当などについてお知らせします

 

また、こども課では家庭児童相談も受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

072-947-3837

幼児教育・保育の無償化 【手当・助成・手続き】 2019-10-03 09:53 UP!

幼児教育・保育の無償化に関するお知らせ

3歳から5歳(0歳から2歳までの住民税非課税世帯)までの幼稚園、保育園、認定こども園等を利用する子どもの利用料が無償化されます~

 

保育園、認定こども園、新制度に移行している幼稚園に通園している子どもは、利用者負担額(保育料)は無償化となりますが、給食費等については実費徴収となります。

 金額等については、通園している施設にてご確認ください。

 ※年収360万円未満相当世帯の子どもと全ての世帯の第3子以降の子どもは副食(おかず、おやつ等)の費用が免除されます。

 

新制度に移行していない私立幼稚園、認可外保育施設、一時預かり事業、預かり保育事業、病後児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を利用している子どもは施設等利用給付認定の申請が必要となります。

申請方法については、下記をご確認ください。

 

【申請方法】

〇施設等利用給付案内等の受取

 市役所こども課又は通園している施設よりお受け取りください

 ※1羽曳野市より申請書を配布していない施設もありますので、その際はこども課にお問合せください。

 

〇申請書等の提出

 新制度に移行していない幼稚園の方は、通園している幼稚園に提出してください。

 その他の施設等を利用する場合は、こども課に提出してください。

 

 尚、認可外保育施設、一時預かり事業、預かり保育事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業 の無償化については、保護者の就労等要件が必要となりますので、申請書に就労証明書等を添付してくただく必要があります。詳しくは、施設等利用給付案内にてご確認ください。

 

 

制度の内容について

http://habikino-kosodate.net/material/5/doc/MUSYOKA.pdf

 

問合せ こども課教育保育給付担当 072-947-3835 

一覧へ